名湯!湯めぐり温泉旅行【お湯の効能と温泉場百選】

温泉旅行の目的に合った名湯や秘湯の温泉場探しや、観光地巡りで疲れたからだを癒す効能別温泉場百選

温泉の選び方 温泉の利用法 温泉の入浴法 秘湯の温泉宿 効能別温泉場 泉質別温泉場

単純温泉 福島県

湯野上温泉 【福島県】 ゆのかみおんせん

湯野上温泉は福島県南会津郡下郷町にあります。新潟にそそぐ阿賀野川上流、大川ラインの景勝地、四季折々の渓谷美を楽しめる閑静な温泉郷です。

湯野上温泉の開湯は、明治時代の中期ですが、開湯伝説によれば八世紀「天平時代」の頃、仲間との争いに敗れた猿が、お湯で傷を癒しているところを村人が見つけ、猿湯と名付けたのが初めといわれ、源泉名にその名前が残っています。

源泉は那須火山帯に源を発し、各種疾病に効能があるという噂と、豊富な湯量と大川渓谷沿いの雄大な眺めで知られる湯野上温泉は、人気のある温泉場です。

温泉の場所:福島県南会津郡下郷町湯野上


猿湯、上ノ湯、姥湯、舘ノ湯、舘新湯と5つの源泉があり、湯宿の点在する素朴な温泉街。美肌や疲労回復に効能のある泉質が魅力です。また宿には露天風呂も多く、なかには湯船だけの河原の露天風呂もあります。

大川の渓谷沿いに18軒の旅館や民宿があります。川原には無料で入浴可能な露天風呂があります。冬季は雪が深く入浴はできませんが、24時間入浴が可能ですし、温泉街には足湯もあります。

宿では「湯巡り手形」を発行して、観光客に泉質の違う湯巡りを味わえるようにしています。この湯巡り手形はこけしの形をしており、1つの券で入浴可能な3湯を入湯した後、塔のへつり近くの作業場で絵付けをすることもできます。

少し離れた場所には「塔のへつり」や「大内宿」などもあり、会津若松への観光拠点としても最適な場所となっています。( ちなみに、「塔のへつり」の「へつり」は、このようなつくりの「塔」を方言で「へつりという」と言うのが一般的ですが、管理人は「柱状摂理」の「摂理」が「へつり」になまったものだと解釈します)

【泉質】
単純温泉・弱アルカリ性高温泉(源泉60℃)

【効能】
神経痛、筋肉痛、関節痛、皮膚病、リューマチ、五十肩、運動麻痺、慢性消化器病、痔病、疲労回復

【交通】
鉄道 ⇒ 会津鉄道会津線「湯野上温泉駅」下車徒歩約15分。
車 ⇒ 東北自動車道「西那須野IC」よりR400・R121で約70分。
温泉 宿の予約と詳細名湯!湯めぐり温泉旅行 【名湯の効能と温泉場百選】

湯野上温泉 【福島県】 ゆのかみおんせん 宿泊の予約なら・・・ 名湯!湯めぐり温泉旅行 - お湯の効能と温泉場百選

-単純温泉, 福島県

[更新日]2019/01/31