名湯!湯めぐり温泉旅行│お湯の効能と温泉場百選

温泉旅行の目的に合った名湯や秘湯の温泉場探しや、観光地巡りで疲れたからだを癒す効能別温泉場百選

甲子温泉【福島県】かしおんせん

甲子温泉は那須連山白河高原の阿武隈川源流に近い、標高900mの渓谷沿いに湧いています。

1384年に州安和尚によって発見され、この年が甲子(きのえね)の年にあたるところから甲子(かっし)温泉と名付けられたと言われています。

江戸中期、寛政の改革を老中首座で幕政再建を目指した白河藩主松平定信は、この地を愛し別邸「勝花亭」を建て、しばしば訪れたといいます。

1961年には甲子温泉から温泉を引いて、新甲子温泉の旅館、ホテルができています。


温泉の場所:福島県西白河郡西郷村鶴生



甲子温泉へは国道289号から谷底へ細い道を下って行くと、一軒宿の「大黒屋」があります。

足元から温泉が湧出する混浴の大浴場が有名です。

自然の中に一軒宿の近くには「甲子八十八滝」と言われるほど滝が多く、秋は紅葉の絶景ポイントになります。

紅葉が終わる11月下旬には、国道289号の甲子温泉付近は冬期通行止めとなり、大黒屋も4月上旬まで冬期休業となります。

【泉質】
単純温泉、全国でも稀な石膏泉。

無臭無色
【効能】
皮膚病、リウマチ
【交通】
鉄道 ⇒ JR東北新幹線「新白河駅」よりバスで約40分
車 ⇒ 東北自動車道「白河IC」より約25km
甲子温泉 宿の予約と詳細温泉効能百選

[最終更新日]2010/01/06

 - 腰痛・神経痛・リュウマチに効く温泉, 単純温泉, かから始まる温泉, 福島県