名湯!湯めぐり温泉旅行│お湯の効能と温泉場百選

温泉旅行の目的に合った名湯や秘湯の温泉場探しや、観光地巡りで疲れたからだを癒す効能別温泉場百選

関金温泉【鳥取県】せきがねおんせん

関金温泉は鳥取県倉吉市にあり、大山東麓の国道313号から奥に入ったところに、5軒の旅館と1軒の共同浴場があるひなびた温泉郷です。

関金温泉の開湯伝説によれば、約1250年前に鶴が入浴しているところを行基によって発見され、その後弘法大師によって整備されたとも言われています。

かつては作州街道の宿場町として賑わい、お湯がきれいなことから古くから「白金の湯(銀湯)」のとして親しまれ、無色透明で単純泉のラジュウム温泉は、ラジュウム含が有量世界有数です。

温泉の場所:鳥取県倉吉市関金町関金宿

関金温泉がある倉吉市は、鳥取県中部の中核都市として、観光やアクセスの拠点になっています。

民族資料館や名刹、白壁土蔵群を改装したショッピングスポットなどが点在し、いまや鳥取県の観光の主要エリアともいえます。

【泉質】
単純放射能泉(源泉42℃)

【効能】
リューマチ、神経痛、動脈硬化症、慢性肝、胆道疾患、運動器障害、神経まひ、ストレス

【交通】
鉄道 ⇒ JR山陰本線「倉吉駅」よりバスで約35分
車 ⇒ 米子自動車道「湯原IC」より約25km

関金温泉 宿の予約と詳細名湯!湯めぐり温泉旅行 - お湯の効能と温泉場百選

[最終更新日]2017/07/26

 - 打ち身・骨折・後遺症に効く温泉, 放射能泉, せから始まる温泉, 鳥取県