名湯!湯めぐり温泉旅行│お湯の効能と温泉場百選

温泉旅行の目的に合った名湯や秘湯の温泉場探しや、観光地巡りで疲れたからだを癒す効能別温泉場百選

温泉に入浴することで得られる効果

温泉場に行く目的は、湯につかる楽しみだけではないはずです。その土地の自然や文化にふれたり、地元の人とのふれあったり観光地を訪れてみるなど、さまざまな人との出会いが心とからだに良い刺激を与えてくれます。主目的の温泉に入浴することによって得られる効果は、次のようなものが期待できます。

体が軽くなる(浮力)

肩まで湯に浸かると、浮力の働きで体重は約10分の1程度になります。ゆったりとからだを伸ばして、のんびり湯に浸かっているだけで、足腰が重力からから解放されます。水中で手足をすばやく動かすなどの軽い運動をすると、軽くリハビリにもなります。

天然のマッサージ(静水圧)

お湯の中では静水圧により、マッサージ効果期待できます。血行が良くなることで足の疲れやむくみをのぞいたり、肝臓や脾臓の機能も高まります。足湯では足の指をグーパーグーパーを10回繰り返すとマッサージ効果が期待できます。

体が温まる(温熱)

お湯の温かさによって血行が良くなり、新陳代謝を促進することで老廃物を排出します。筋肉や関節の痛みもやわらぎ、発汗も円滑になります。疲労回復を期待するなら、ぬるめの湯に10-15分ほど浸かるのが効果的です。

[最終更新日]2017/08/10

 - 温泉の利用法