名湯!湯めぐり温泉旅行│お湯の効能と温泉場百選

温泉旅行の目的に合った名湯や秘湯の温泉場探しや、観光地巡りで疲れたからだを癒す効能別温泉場百選

ご婦人に必要なからだのお手入れ

からだの調子が悪ければ、いくら美肌作りやダイエットに励んでも、顔色や肌ツヤに表れます。ガンコな便秘をはじめとして、肩こり、腰痛、貧血、生理不順、それに更年期障害からくるイライラ、のぽせ、めまい、頭痛など不快な症状は、気分憂うつ、などなど・・・で、美人をだいなしにしてしまいます。

温泉は、これら女性特有の病気にも効力を発揮しまので、便秘は、食塩泉、硫黄泉、硫酸塩泉、炭酸泉の飲泉と入浴がよく効き、肩こり、腰痛には「打たせ湯」と日本古来の入浴法が効果的です。身長の2倍の高さから滝のように流れ落ちるお湯を、患部に当てて刺激の強いマッサージ効果が得られます。また蒸し湯もコリを和らげてくれます。

あと、なんと言っても貧血には、鉄泉や含鋼鉄泉がお勧めです。温泉を飲むのがいいのですが、湯につかるだけでも鉄分を皮膚から吸収することができます。鉄泉のなかでも緑ばん泉は胃酸の分泌を高め、鉄分を吸収しやすいという効果があります。薬用の鉄剤と違って、温泉は飲みやすく、胃腸にもたれる心配もありません。

更年期障害には体の芯から温まり、血液の循環をよくする単純酸泉や緑ばん泉、慢性の婦人病には塩化物泉、、硫黄泉、放射能泉が効果的です。入浴法としては、婦人病には蒸し湯が効果的、泥湯につかる「鉱泥浴」は生理不順、更年期障害によく効きます。

[最終更新日]2017/08/16

 - 温泉の利用法