名湯!湯めぐり温泉旅行│お湯の効能と温泉場百選

温泉旅行の目的に合った名湯や秘湯の温泉場探しや、観光地巡りで疲れたからだを癒す効能別温泉場百選

温泉入浴の効果

入浴の効果は、大きく分けて3つと言われます。まず、浮力の作用でからだが軽くなります。全身湯につかると、浮力によりからだ重は約10分の1程度になります。お湯の中でのんびりからだを伸ばしているだけで、足腰が重力から解放されて、心の余裕が生まれます。

第二に、静水圧の作用でお湯に入っただけで、自然にマッサージ効果が得られます。お湯の中では水圧により、からだが数センチ縮まっています。この圧力がマッサージ効果として、血行を促進して足の疲れやむくみを解消し、肝臓や脾臓の機能も高めます。当然のごとく、肺や心臓の弱い人には負担になるので、健康な人でも長湯をしたいときには、水圧の少ない半身浴にしましょう。

第三には、お湯から得られる温熱作用です。からだがぽかぽかに温まると、湯の温度がからだの血行を良くしてくれます。新陳代謝を促進し、老廃物を排出するのを助けます。筋肉や関節の痛みをやわらげ、おだやかな発汗を促進します。この疲労回復につながる湯の入り方は、ぬるめの湯に10~15分ほど浸かるのがポイントです。

1日の入浴回数 1日に2、3回を限度に、長期滞在の1日目は1回入るだけにしておく
1回当たりの時間 お湯の温度にもよるが、初めは3分程度にして、徐々に10分程度まで
入浴の前後 入る前に水分を補給し、お湯からあがったら湯ざめに注意して、しばらくは安静にする
厳禁事項 食事をする前後、飲酒をした後やお湯の中で「おはら庄助さん」は禁止
その他 上がり湯やシャワーを浴びて温泉の成分を落とさないように!
[最終更新日]2017/08/28

 - 温泉の入浴法